仕事は決まってから辞めよう!借金をしないために

一人暮らしをしている時、派遣社員の仕事をいろいろなことがあって仕方なく辞めた後、なかなか仕事が決まらず、生活費の工面に苦労したことがあります。

辞めるときはそこまで考えず、とにかく仕事が辛かったので辞めること以外考えられませんでした。派遣会社が次の仕事をもしかしたら紹介してくれるかもしれないと淡い期待をしていたのですが、結果的には仕事を紹介してもらえませんでした。

最初の3か月位は失業給付がある程度でたので何とか食つなぐことができたのですが、予想外になかなか次の仕事が決まらずだんだん困ってきました。というのも毎月働いてないのに、家賃が5万円位かかっており、それだけではなく光熱費や食費などで月に10万位は働いてなくてもお金が必要でした

。そうなると最初の頃は失業給付でなんとかやっていられたのですが、数か月も経つと徐々にお金が底をついてきました。

この時ばかりは仕方がなく、少し貯金していたお金を崩して生活費に充てていました。この時期、実は同時に婚活も行っていたので、その費用も必要でした。年齢的に30代半ばだったので、仕事もプライベートも崖っぷちな感じでした。

婚活には最初登録するのに10万円位支払い、月々紹介料として1万円位支払っていたので、お金はなくなる一方でした。また婚活するのに着ていく服や靴など購入しなくてはいけなかったのでそれにもお金が必要でした。

そうこうして働ていないのにお金がとにかく必要な時期でした。今思えばあの時ほどお金がみるみるうちに消えていった時期はなかったです。その為最終的には親に泣きついてお金を借りてしのぎました。

この時期のせいでせっかく貯金したお金もほとんどなくなってしまいました。仕事を辞める時には次の仕事を決めてから辞めるべきだと、後からつくづく思いました。